ベラジョンカジノでイカサマ横行?安全性や危険性を徹底調査!

日本一のプレイヤー数!

ベラジョンイカサマトップ画像

日本人から人気のあるオンラインカジノといえば、やっぱりベラジョンカジノですよね。

スロットやテーブルゲーム、ライブカジノも豊富にあり、PCなら本当のカジノで遊んでいるような臨場感が体験できます。

そんなおすすめのオンラインカジノであるベラジョンカジノですが、一部のユーザーから「イカサマがあるのでは?」といった否定的な口コミも見かけるときがあります。

そんな噂を聞くと、今から登録しようとしていた方は不安を覚えてしまいますよね。

 

しかし、実際にベラジョンカジノでイカサマされている可能性はほとんどないといえます。

もちろんそのようにいえる理由もあるので、今回はベラジョンカジノでイカサマがない根拠についてご紹介していきます。

今から登録しようと考えていた方は今回の記事を読んで安心してベラジョンカジノを遊んでみてください。

 

ベラジョンカジノでイカサマの可能性がない理由

具体的に「ベラジョンカジノでイカサマがおこなわれていない」という根拠や理由をご紹介していきます。

まず、知っておいてもらいたいのは以下の4つのポイントです。

  1. RNGによるゲーム自体の公平性
  2. マルタ共和国にてライセンスを取得している
  3. ベラジョンカジノの親会社は上場企業
  4. イカサマなしでも十分な利益が得られている

上記がベラジョンカジノでイカサマがおこなわれていないといえる根拠です。

しかし、オンラインカジノ自体を初めて利用するといった方からすると分からない言葉もたくさんありますよね。

そこで、それぞれの理由について詳しく掘り下げて説明をしていきます。

 

RNGを使用したゲームで公平性が保たれている

ベラジョンカジノでイカサマがない根拠の1つとして「RNG」を採用していることです。

RNGというのは簡単にいえばスロットなどの配当を決めているシステムのことを指します。

(RNG=RandomNumberGenerator(ランダム・ナンバー・ジェネレーター)、乱数発生装置といった日本語で訳されたりするシステムのことです。

例えば、スロットをスピンさせたときにランダムに選ばれた数字によって結果が決まるということですね。

 

RNGというのはカジノ側で操作をすることが出来ませんので、そもそもイカサマをする方法自体がありません。

このRNGをすべてのオンラインゲームに搭載しているところが、ベラジョンカジノの正当性を表しているといえるでしょう。

 

また、オンラインスロットにはRTPといって還元率が設定されています。

この還元率が発表されている設定と違うとイカサマということになります。

しかし、ベラジョンカジノでは還元率が設定と乖離しないように、配当を決めるRNGのチェックを第三者機関に依頼していますので安心です。

なお、第三者機関については次の項目でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

世界的に信頼性が高いMGA取得!安全性が高い

ベラジョンカジノは「マルタ共和国」でカジノライセンスを取得しています。

「マルタ共和国」が発行するカジノライセンスというのは、世界でもっとも信用されているライセンスのひとつです。

マルタ共和国のライセンスを取得する上では、会社の運営状況や資金繰りの方法など、いくつもの審査を通過しなければなりません。

また、審査が通ったあとも抜き打ちでの不正チェックや監査というものが入ります。

常に正当なカジノ運営をしていないとライセンスが剥奪されてしまうというのも特徴のひとつです。

 

さらにマルタ共和国のライセンスの有効期限は5年とされているため、有効期間が切れたあとにはまた再度審査が必要です。

こうした厳重な管理体制がなされているマルタ共和国のライセンスを保有し続けているというのも、ベラジョンカジノがクリーンな運営をしている証拠といえるでしょう。

 

ベラジョンの親会社は上場企業

実はベラジョンカジノの親会社というのはカナダ・トロントの証券取引所に上場している企業です。

オンラインカジノサイトを運営している企業が証券取引所に上場しているというのは珍しいのですが、それだけクリーンな運営がなされている証拠ともいえます。

 

ちなみに現在のところベラジョンカジノを直接運営しているのは「Dumarca Gaming Ltd」という会社です。

そして「Dumarca Gaming Ltd」の元々の親会社である「Dumarca Holdings PLC」が、2015年に「Intertain Group Ltd」によって買収されたことで現在のベラジョンカジノは成り立っています。

 

なお、この「Intertain Group Ltd」というのはカナダで最大規模を誇るオンラインゲーミング会社です。

歴史と実績はもちろんのこと、一般的な企業の間でも信頼度が高く優良な会社として知られています。

もちろん、証券取引所に上場するというのは会社の信頼性が高くないと出来ませんので、そもそもの会社基盤がしっかりとしているということが分かっていただけることでしょう。

 

ベラジョンがイカサマするメリットがない

ここまでご紹介してきたベラジョンカジノの企業体質やライセンスの信用度などを見れば、イカサマがおこなわれている可能性が非常に低いことが分かってもらえたはずです。

そして、最後に念押しとしてご紹介したいのは現実的なお金の部分です。

 

現在のところベラジョンカジノはユーザー数が世界でもトップクラスのサイトとなっています。

そのため、ハウスエッジだけでも相当な利益を生み出しているため、イカサマをする必要がありません。

ハウスエッジというのは「控除率」といった言葉でも表現されますが、簡単に言えばカジノ側に入ってくるお金の割合のことを指しています。

たとえばルーレットを参考としてご紹介していきましょう。

赤や黒、奇数偶数などの数字やゼロといったポジションを計算すると、ハウスエッジは2.7%程度と算出されます。

つまり、ユーザーが100ドル賭けるとベラジョンカジノ側には2.7ドルが入るという期待値計算が出来るわけです。

単純にひとりのプレーヤーから2.7ドルを得たとしても、ルーレットをしているユーザーがのべ1万人いれば27000ドル(300万円弱)となります。

 

もちろん、このほかにも数十種類のゲームが稼動しているわけですから、その利益はどれだけ少なく見積もっても1日数千万円以上となるでしょう。

イカサマなしでもこれだけの収益をあげているのであれば、わざわざリスクをおかしてまでイカサマする必要はありませんよね。

 

ベラジョンカジノでイカサマの危険性はほぼゼロ!

ベラジョンカジノでイカサマがおこなわれている可能性というのはほぼゼロです。

というよりもイカサマをする方法と理由がないというのが正直な部分ですね。

 

本文中でも触れましたが、ベラジョンカジノは社会的に信用度の高い企業によって運営されています。

また、ゲーム内容も公平性に優れたシステムを採用していますし、信頼性の高いMGAライセンスも取得しているためイカサマしようとしてもムズカシイ状況でしょう。

こうしたことからも、安心してオンラインカジノを楽しみたいのであればベラジョンカジノを利用するというのが賢い選択といえますね。

 

「それでも入金するのは抵抗がある」という方は、登録するだけで貰える入金不要ボーナス30ドル分だけでも遊んでみてください。

もちろん、勝負に勝てば出金できますし100ドル(約1万円)にして出金できた方も多数います。

通常のサイトから登録すると10ドルしか貰えないので、↓の30ドルボーナスが貰える特別サイトから登録してくださいね。

日本一のプレイヤー数!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です